お問い合わせは052-910-0550
お問い合わせフォーム
 

理事長BLOG

3歳の育児に気を付ける事

2020年11月2日

     こんにちは、保育士の高梨です。

 3歳になると一段と運動機能が発達します。高い所
からジャンプしてみたり、片足のケンケンが出来たり
します。ママやパパは、怪我をしないかハラハラする
と思います。生まれてからママやパパに安全、安心し
て育てられ、子どもは何でもできるという自信がつい
てきて身体で表現します。

 ☆2歳の時もありましたが、益々自分でやりたい!
と自己主張が強くなってきます。靴を自分で履きたい
と子どもは頑張って履こうとしますがなかなか思うよ
うにいきません。時間だけ経ってしまい、大人は待ち
合わせの時間に間に合わせたいため、急がなくては!
と思い、つい「早くして!」と言ってしまいます。
 ★早め早めの行動を取りましょう!
時間がないのは親の都合によるものです。時間がない
のは心に余裕がないので、朝は早めに起こして、子ど
もの準備の時間も含めた余裕の時間を取りましょう。

 ☆ママが「ニンジンさん食べてごらん」と言うと、
「いや!」と返事をします。何でもイヤイヤ!と反抗
します。なかなか言う事を聞いてくれない時期です。
 ★言い方を変えてみましょう!
「ニンジンさん、〇〇ちゃんに食べて欲しいなって
言っているよ」とか命令口調ではなく、依頼の言い方
にすると柔らかく聞こえます。

 ☆親が「この服着てね!と言うと「いや!」と言い
ます。この場合、親は何と言ったら「いや!」と言わ
ないでしょうか?
 ★洋服を選択させてあげましょう!
「今日はこの服とこの服のどちらが着たいかな?」と
選ばせてあげると喜ぶので一度試してみてはいかがで
しょうか?

 ★まだまだ小さい可愛い時ですが、その分パパや
ママは手がかかって大変な時期です。育児がとてもつ
らくなったら、ご両親に預けたり、保育する場所へ預
けたりして、少し距離を置いて、気分をリフレッシュ
することも大切です。預けてからまた会った時に新鮮
な気持ちになると思います。
ソース画像を表示
☆当医院では毎週火曜日金曜日9時から
   16時半まで保育士がおります。   
 お子様が0歳からお預かりさせて頂きますので
  ご予約お待ちしております!





ページトップへ戻る