歯医者なら名古屋市北区のおくい歯科へ

お問い合わせは052-910-0550
お問い合わせフォーム
初診予約
再診予約

理事長BLOG

ブリッジの下に埋まった歯の抜歯について

2024年5月19日
院長の奥井です。
今回はブリッジの下に埋まった歯の抜歯について
説明したいと思います。

ブリッジとは抜歯した両隣の歯を削ってつないで被せる
いわゆる「橋渡し」のような被せ物を指します。

ですからブリッジは基本的には抜歯をした後の行う処置に
なりますが、まれに根が残っていてあごの骨の中に埋まって
おり、その上にブリッジが装着されている場合があります。
そのままでも何もないかも知れませんが感染を起こす可能性が
ありますので可能でしたら抜歯をした方が良いと思います。


画像はブリッジの中に根っこが埋まっており
見た目では分かりません。


しかしレントゲンでは根が埋まっています。
青点部分がその根っこになります。


歯茎を切開して骨を少し削りますと根っこが
見えてきました。


根っこを出している状態です。


縫合を終えた状態です。

このように埋まった根っこを取り出すのは
難しい処置になりますがやはり埋まっている
根っこは可能であれば除去すれば感染の可能性が
なくなり安心と言えます。

ページトップへ戻る