お問い合わせは052-910-0550
お問い合わせフォーム

理事長BLOG

今さらインフォームドコンセント

2010年9月26日
インフォームドコンセント という言葉は 最近はいわれなくなりました。 当たり前だからでしょうか? しかしまだ説明不足という声は よく聞きます。 医療とはいえ特に歯科医院に おいてはこれだけ歯科医院の数が 多いのですから、患者さんが 選ぶ時代であるのはいうまでも ありません。 私は心がけてますのは 「患者さんが納得して診療を  受けていただくこと」 です。 毎日、初診の患者さんがおみえに なりますがその折に軽くお口の中を 拝見して 今回通っていただくおつもりなのか? また今日はどれだけ時間がおありか? どこまでの治療を望んでみえるか? と同時に 当院の今の状況でどこまで治療が できるかを正直にお伝えし 「安請け合い」しないようにしています。 「安請け合い」してしまうと結局 予約の患者さんをお待たせしてしまい 後の予定が全て崩れてしまいます。 急性症状がある場合は別ですが その時、その時を冷静に考え どこまで最善で尽くせるかと 歯科医療を行っております。 インフォームドコンセント 説明と同意。これは普通の 商売であれば 当たり前の話です。 患者さんにご理解して喜んで いただけますようにと いつも思っております。

ページトップへ戻る