お問い合わせは052-910-0550
お問い合わせフォーム
 

理事長BLOG

2歳児の発達と関わり方

2020年12月1日

     こんにちは、保育士の高梨です。

 今回は2歳児の発達と関わり方についてお話ししま
す。

《2歳児の発達》

 運動では両足でジャンプしたり、ボールを蹴ったり
鉄棒にぶら下がったり、また音楽に合わせて、歩く・
小走り・走る・止まることが出来ます。

 生活面では、靴を自分で履こうとしたり、洋服を着
脱することが出来、また、1人でトイレをするように
なります。

 知的面では、絵画で丸が描けたり、ハサミを使って
1回切りが出来ます。また、絵本にも興味を示し座っ
て聴くことが出来ます。

 積み木は5個くらいまで積み上げる事が出来たりと
ても簡単なパズルをしたりします。

 大きい・小さい・長い・短いという比較の理解がで
きるようになります。

★2歳と申しましてももうすぐ3歳のお子さまと2歳
 なりたてのお子さまとは約1年の差がありますし個
 人差もありますのであくまでも目安として下さい。

《2歳児の関わり方》

☆『魔の2歳児』と言われるように「イヤイヤ期」に
 入ります。自己主張の現れなので、ママやパパは大
 変な時期ですが、お子さまに時間がある限り付き合
 って一緒に遊んであげることが大切です。

 例えば、何か集中する遊びを見つけたなら、温かく
見守り、一人でできないようなら一緒に遊んであげて
くださいね。

 2歳児は好奇心旺盛でどんなことにもチャレンジし
てみようと思います。けがや事故に繋がらない限り保
護者は見守り、挑戦することを応援してあげてくださ
いね。成功したらまたどんどん好奇心が湧いて積極的
になれます!
ソース画像を表示
☆当医院では毎週火曜日金曜日9時から
   16時半まで保育士がおります。   
 お子様が0歳からお預かりさせて頂きますので
  ご予約お待ちしております!

ページトップへ戻る