お問い合わせは052-910-0550
お問い合わせフォーム
 

理事長BLOG

しつけについて(2歳児)

2020年9月9日

 こんにちは、保育士の高梨です。
今回はしつけ(2歳児)について書こうと思います。

 2歳になると行動範囲も広くなり、テーブルに
乗ってしまったり、スーパーなどの大勢の人がいる
所で大声を出してしまったり、寝そべって
しまったりとお母様やご家族の方は目が離せま
せんね。

 お子様のその様なとっさの行動に、「ダメ!」と
つい言ってしまうかもしれませんが、お子様は
なぜ怒られたのか、なぜダメなのか分かりません。
 まずお子様の気持ちを受け止め、どうしてダメ
なのかをその場でゆっくり丁寧に話してあげる
ことが必要です。

 2歳になると人が話していることは少しですが
理解できるようになってくるので、話してあげて
下さいね。

 そして、もしそれらが出来た時は、たくさん
褒めてあげることが必要です。

 《危険なことをしている時》

 けがに結びつきそうな危険な遊びをしている時は
叱ります。そしてその後こういう危険なことを
していなかったら、またたくさん褒めてあげて
下さいね。

 褒めてあげることは、子どもを成長させます☆

 2歳になるとこれもやってみたい!あれもやって
みたい!と好奇心旺盛になり、自立心も芽生える
時です。子どもがやりたい気持ちを受け止めて、
危険なことをしていたら叱り、それ以外は
お子さまに付き合って、今日はこんなことができる
ようになったね!と日々の成長の喜びを感じあえ
たら良いですよね☆

 大変な時期ですが、子育てを楽しみましょう!

ソース画像を表示









☆当医院では毎週火曜日金曜日9時から
  16時半まで保育士がおります。   
  お子様が0歳からお預かりさせて頂きますので
  ご予約お待ちしております!  

ページトップへ戻る