お問い合わせは052-910-0550
お問い合わせフォーム
 

理事長BLOG

しつけについて(1歳児)

2020年9月8日

 こんにちは、保育士の高梨です。
今回はしつけについて(1歳児)を書いていこうと
思います。
 1歳ともなると歩き始め、だんだん行動範囲が
広くなっていき、色々なものに興味が湧き、
触ってみたいなど好奇心が芽生えてくる時期です。

 勿論、いたずらも好奇心を育てることなので、
危険や迷惑がなければ無理に止めさせることは
ないです。
 できるだけ大目にみてあげてくださいね。
 色々な体験をすることで、これからの意欲、
新しい発見につながると思います。

 しかし、やって良い事と悪いことがあります。

『物を投げてしまう』ということがあると思い
ます。
 きっとおもしろくない事があって、そうした
行動を取ってしまったのでしょう。

 まだ喋ることができないので身体で表現する
のです。その時、とっさに親は「ダメ」と言って
しまいがちですが、この行動は普通のお子様には
たいていある行動なので心配はありません。
 お子様も訳があって投げてしまうのですから
「〇〇が欲しかったのかな?」とお子様の気持ち
を感じてあげて、優しく「〇〇も投げられて
痛いっているよ、投げないであげてね」と毎回
繰り返し言っていくうちに投げるという行動は
減っていくと思います。根気が必要ですね。

 お子様の気持ちに寄り添って感じ取って
あげることが大切です。
 目が離せない大変な時期とは思いますが、
その瞬間を楽しみながら子育てをしましょう。


☆当医院では毎週火曜日金曜日9時から
  16時半まで保育士がおります。   
 お子様が0歳からお預かりさせて頂きますので
  ご予約お待ちしております! 

ページトップへ戻る