お問い合わせは052-910-0550
お問い合わせフォーム

理事長BLOG

奥歯の虫歯はアリの巣に似ている

2018年3月19日
お子さんの6歳臼歯の虫歯でよく患者さんに説明させていただく事があります。

6歳臼歯の溝の虫歯はアリの巣に似ています。

歯の表面にはエナメル質という硬いもので覆われています。
虫歯菌が砂糖から酸を出して歯を溶かすのですが、エナメル質は
硬くなかなか溶かせません。

何とかエナメル質を溶かすと中の象牙質はエナメル質よりは柔らかいため溶かしやすいのです。

ですから溝に小さい穴があっても削ってみると中はアリの巣の様に大きな虫歯という事もよくあります。

春休みです。是非虫歯のチェックに行きましょう!

ページトップへ戻る