お問い合わせは052-910-0550
お問い合わせフォーム

理事長BLOG

02 PRP 再⽣療法

2017年12月13日

PRP とは「多⾎⼩板⾎漿」というもので患者さん⾃⾝の⾎液を採⾎し、遠⼼分離機を使い⾎⼩板を濃縮した⾎漿を作ります。
この⾎漿は傷の治癒や⾻などの組織を再⽣させる働きがあります。
インプラント治療では、⼈⼯⾻などにこのPRP をまぜることで痛みや腫れの軽減、治癒を促進させます。

再⽣療法

PRP再生療法の流れ

  • 患者さんから⾎液を採取します。理事長は採血トレーニングを行っておりますのでご安心ください。

  • 遠⼼分離機でPRP をつくります。

  • ⼈⼯⾻などにPRP を混ぜて治癒を促進させます。

ページトップへ戻る