お問い合わせは052-910-0550
お問い合わせフォーム
 

理事長BLOG

2歳児以下のマスク着用について

2020年9月23日

 こんにちは、保育士の高梨です。

 乳幼児がマスクをしないとコロナウィルスに
感染しないかしら?と気になりますよね。

 日本小児科医会で、子どもは感染することは
少なく、重症例は極めて少ないそうです。

 乳児の呼吸器の空気の通り道は極めて狭いので、
マスクは呼吸をしにくくさせ、呼吸や心臓の
負担になるそうです。またマスクをしていると
顔色や唇の色、表情、体調の異変に気付きにくい
です。

 幼児は色々な物を触って遊びます。
その手はバイ菌がいっぱいです。マスクにも菌が
付いています。その手でマスクや顔を頻繁に触って
しまうと却って感染リスクを高めてしまいます。

 乳幼児はまだ体温を調節する能力が発達して
いません。汗をかく機能が未熟な為、体温を
下げるのに時間がかかってしまいます。

 マスクを覆ってしまうことはかなり子どもの
負担になります。マスクの着用は小学生になって
からで良いと思います。

 まだ暑い日がありますね。子どもは身長が低い
分、地面からの照り返しの影響を受けます。
暑い日の野外ではこまめに水分を補給してあげて
くださいね。
 乳幼児で感染対策について大事なことは、
熱や咳などの症状があるときは、お子さまが
幼稚園や保育園へ登園することのないよう、
各ご家庭で心掛けてください。
 無理して行かせてしまうと園の感染拡大に
なります。
 子ども達にして欲しいことは、手洗いの習慣
です。遊び終わった後、食事の前、帰宅後すぐ
等…。保護者がしっかりと手洗いの習慣を身につけ
させてあげてくださいね。

 ☆基本的な生活習慣
  (早寝早起き、バランスの取れた3食の食事、
  決められた時間に登園)1日の生活リズムが
  できることにより、感染予防に繋がります。

 ☆子育ての大変な日々が続きますが、
  楽しみながら子育てをしましょうね!
ソース画像を表示
☆当医院では毎週火曜日金曜日9時から
  16時半まで保育士がおります。   
お子様が0歳からお預かりさせて頂きますので
  ご予約お待ちしております!  


ページトップへ戻る